忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
コメント
[01/11 ☆]
[06/07 管理人]
[06/07 管理人]
[06/07 もづる]
[05/29 ★]
ケータイはこちら
タイトル検索
カウンター
アクセス解析
管理人の読んだり見たり聴いたりしたものたちのオボエガキ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、大学の授業に
庵野秀明と
樋口真嗣と
尾上克郎が来るという、
なんともラッキーな機会があったのですが、
そこでチラッと見せてもらったのが
今、東京都現代美術館でやっている「特撮博物館」の短編映画
「巨神兵 東京に現わる」(の一部)とメイキング映像でした。
あまりのクオリティ…というか特撮の実力に圧倒され、
これはぜひ博物館にも行かねば!と思ったのです。

正直、特撮映画は見ていて「ちゃっちいなぁ」と冷めてしまう派で
CGとか積極的に使った平成ガメラの2と3くらいしか
良いなと思ったものがなかったので、
前半に並ぶウルトラマンや轟天号の展示は
「頑張ったんだなぁ」くらいの感想だったのです。

が、やっぱり今回の新作「巨神兵~」はすごかった!
全部で9分チョイと短いので、
ストーリーではなく画を観る映画でしたが、
あの、立体化しにくそうな、かっこよくもない巨神兵が
東京を火の海にしていく様は、
潔いまでに破壊的で、そして興奮するものでした。

ただし!
今回の短編は、それ自体よりも
そのメイキングを観ることにこそ意味がありそうです。
具体的に劇中用いられた特撮技法などには触れませんが、
この短編のテーマが「CG禁止」だったとだけ書きます。
たぶん、短編中のあちこちで
最近よくみるCGが見て取れるかもしれませんが、
実はそれも特撮(=実際にカメラで撮った映像)なんです!
メイキングを観たときの衝撃のほうがスゴイのです。


それではこれ以降、
(撮影許可ゾーンで撮った)写真たちを載せてみます。

120727_132355.jpg

120727_132516.jpg

写真じゃわかりにくいですが、レタリングのマス目が引いてあります

120727_163833.jpg
ビルの向こうにいるのが、樋口監督(明るく、テンポの速い人でした)

120727_163959.jpg

120727_164122.jpg

120727_164238.jpg

120727_164425.jpg
おそらく広角レンズのような写真を撮るための、凸鏡ですが…失敗。

120727_164453.jpg

120727_164520.jpg
意外とビッグサイズ!人より大きいのです

120727_165011.jpg
セットの「中」に入ることも!

120727_164839.jpg
これは劇中のワンシーンを撮ったセット(複数の縮尺が遠近感を演出)

120727_164901.jpg
120727_164928.jpg
面白いもので、ピント一つ変えるだけでずいぶん画面が変わるのです。

120727_170917.jpg
展示室外のトイレそばにポツンと…。

120727_170951.jpg
やはり「パウッ!」ってSEが似合う顔ではあります。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
電話帳全部消えちゃったから送れんかった(>_<)

お誕生日おめでとう(*^^*)
2013/01/11(Fri)22:28:12 EDIT | RES
Copyright © Title...。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]