忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コメント
[01/11 ☆]
[06/07 管理人]
[06/07 管理人]
[06/07 もづる]
[05/29 ★]
ケータイはこちら
タイトル検索
カウンター
アクセス解析
管理人の読んだり見たり聴いたりしたものたちのオボエガキ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴホッ・・・お久しぶりデス
情けないかな、いとも簡単に風邪をもらってしまいまして。

テスト前なのに全然課題やってない!って初のフル徹夜したら、
何のこたぁない、肝心のテストは5日後の間違いで、
逆に弱った身体に学校で流行り風邪だけもらってきたという
なんともテイタラクな話・・・。
何だかんだで2週間異常ろくに部活やってないし、
何だかまた、負のサイクルに陥りそうで焦燥感ばかりが募る日々デス


ま、そんな風邪もやっと治る兆し。
明日からまたボチボチ復帰してこっ!・・・と、
これだけでは、何だか物足りないので・・・・・・

珍しくこないだ、「お話」でない本を借りてきたんですが・・・。
藤家寛子さんという方の「他の誰かになりたかった」です。

アスペルガー症候群という「相手の感情がわからない」障害を抱えつつも
更に患った解離性同一性障害(多重人格)を乗り越えた筆者による
手記の形を取ったモノなのですが、
多少時間軸が行ったり来たりで雑然としてる感はあったものの
これまでの苦悩や実践していることなどを、
話し言葉でフラットに書いてありマス


しかし、何でそんな「重い」本に今、手を出したかってぇと、
遠い遠い遥か昔・・・中学生だった頃、一時期図書館に入り浸ってたときに
ふとタイトルが目に入って、深い考えも無しに借りて読んで・・・・・・
まぁ今にして思えば、よく借りたよなぁって感じですが、
骨折だ何だで鬱ってたら、ふとまた読みたくなったんデス


ただコレを読んだから、どんなヒトとも素で優しく出来るかって言ったら、
ちょっとボクには難しいかな・・・と。

通学の電車でも、「あ、自閉かな?」て思うヒトはいるし、
ボクは基本的にはそれ以上何にも思わないんだけど、
どうしても車内で大声上げたりしてると、
ムッとしてしまうこともあったり・・・・・・
確かに障害を「知る」のは大切な第一歩だけど、
なかなか知ってるだけでは難しい部分もあったり、
というかそもそも100%共感するのは無理だし・・・。

ま、多分自分の身近なヒト、例えば家族がそうならない限りは
どんなに考えても机上の空論の域を出ないんだろうなぁ。
でも、少なくとも、電車で見かける、
悪意のこもったイタズラや接し方は許されないと思う。
・・・だって、他の見知らぬ乗客に傘で突いたりするか?普通


・・・と、何だかいつもと違う分野の話でぎこちなかったですが、
たまには見聞を広げてみてもイイかなぁ~なんて。

拍手[0回]

PR
おはやうございマス
今日は朝から滝のよな雨が降り続き、
ウチから駅までの数分で身体中、ビショビショ・・・。
ちゃんとは見てないけど、TVでニュースになってたような。


・・・と言う訳で、今日は軽書籍(ライトノベル)の話デス

基本、自分はああゆうのはまず読まないクチなのですが、
こないだ急に乙一「暗いところで待ち合わせ」
も一度読みたくなりまして・・・・・・
で、結局本命は貸出中だったんスけど、同じ乙一の未読本があったので、
ひとまず読んでおこうか、と・・・。

やっぱりボクは「しあわせは子猫のかたち」みたいな
切なーいのが好きだなぁ~
(「失踪HOLIDAY」みたいな「そう来るか」みたいなのも悪かないけど)
それにこの「幸せは~」とか「暗いところで~」みたいな
「見えない相手の温かさを感じる」話ってのも
乙一の魅力を一番感じるシチュエーションなんだよな。
「君にしか聴こえない」も似たよな感じだし)

やっぱり「よくわかんないけど、どうも居るらしい」みたいな
ちょっと心許ない温かさがあって、その時はそれほど感じなくても
なくなってから、初めて失ったモノの大きさに気付く・・・。
人生もこんな感じかもしれないなぁ、なんて
少ししんみりしつつ、1限目を受けようかと思いマス・・・・・・
(頑張れ、明日は休みだっ!)

拍手[0回]

ずいぶんと前のことになりますが、富山まで行って買えなかった
「白いりゅう黒いりゅう」を、ようやく今になって読み終えました。


この本、前にも書きましたが、宮崎駿の「シュナの旅」
元となったチベット民話「犬になった王子」が納められてて、
ぜひ一度、読んでみたかったのですが、
なんせ今時チベット民話なんて読むヒトも珍しいからか
本屋にも置いてなかったんデス
で、夏休みの終わりにamazonで注文したんですが、

途中まで読んだ所で本棚に埋もれちゃってて(笑
これではもったいない、と
いかにも児童文学な表紙を気にしつつも、電車でパラパラと読みまして。


古い口承民話だし、小学生向けの本ですから、
素朴な上に子供子供ーしてますけど、
文章の端々に出てくる、民族の習慣であったり、労働の過程とかが
イイ雰囲気を出して、ついつい読み進んじゃう、そんな感じでしょうか。

そういう意味で「太陽の王子 ホルスの大冒険」も観てみたいなぁ、と。
100909_212853.jpg

































まだ観たことはないですけど、BDナウシカの付録冊子で
「ホルス~」における「労働」の描写へのこだわりが載ってて
スゴイ気になってたんデス
「きっと宮崎駿もこうゆうのに魅力を感じてたんだろ~なぁ」なんて
妙な親近感感じながら(笑


ま、そぉゆう民話なんてのも案外おもしろいんスよ、って話なんスけど、
「だったらお前も労働=勉強しろよ」みたいな毎日を
まず抜け出さないといけない感じの毎日だったりもするのデス・・・。
 

拍手[0回]

もう何日か経っちゃいましたけど、11日に富山の市街まで行って
①毎夏行きつけのかき氷屋に行き
②デパートの本屋で本を探し
③ちいちゃなカフェに行く
みたいな感じで、最近の外出できない鬱憤を晴らしてきました。
(部活に行けない間に何遊んでんだって感じスけど)

かき氷は毎年行くお決まりの店がありまして、
川沿いの並木の近くにあるんですが
木陰の下で食べる白玉宇治金時がウマイんですわ・・・!
今回はうっかり写真撮り忘れちゃいましたけど、
普段はかき氷なんて食べないボクも、ココのだけは大好きなんデス
(実は店名を知らないと言う、ブログ上最大の欠落はありますが・・・)

変わって紀伊國屋書店で探したのは、
宮崎駿のマンガ(どちらかと言えば絵本寄りだけど)『シュナの旅』の
原形となったチベット民話『犬になった王子』
ボクはもともと『ネギをうえた人』みたいな
朝鮮の民話とか結構好きなクチだったから、
ぜひコレも読んでみたい!と思ったんですが・・・・・・
収録本のタイトルがわかんないので店員さんに聞いてみたものの
なかなか見つからず、やっと収録本がわかったと思ったら
在庫はなくって・・・・・・
ただ、後でアマゾン見たら1500円だかするらしく、
あったとしても、ちとキツかったかな~なんて。

でもその代わりに見つけちゃったのが、コレ

核融合に加速器、外郭放水路といった
まさしく「巨大機械構造物群」を集めた写真集『Build the Future』
帯見たらわかるように、
「レイバー」とか「初号機」に惹かれる機械っ子のみなさんは
表紙からしてシビレまくりでしょうが、
そうでないヒトにもぜひ見てみてほしい!
複雑怪奇を極めつつも、一切の無駄のない完成された機器たちは
もはや機械というよりもチーターや豹の美しさに近いような気がしマス
スイスだかで大型加速器ができたときにも、
ウェブで公開された写真の美に驚いたもんです・・・。
103ee049.jpgbe6fd8c2.jpg







それに打って変わって、カフェではこんなアナログな機械が・・・

この店はコーヒー豆の焙煎もしちゃうそうで、
小さな落ち着いた雰囲気の店内で、圧倒的な存在感を放っておりました。
(でも意外にもデジタル制御のハイテクマシンだったりしてびっくり)
この店も(違う)川に面してて
木々を眺めながらおいしいコーヒーが飲めましたよ



・・・でもホント、早く復帰して部活してぇーっ!
身体がもう、鈍って鈍って・・・・・・。
 
 
 

拍手[0回]

さて、前回珍しく次回予告なんてしてみた訳ですが、
今日はしっかりと予告通りに書きますよぉ!


電車の乗客というのは
一人の場合、大概ボーッとしてるか本読んでるか、
あるいはイマドキらしく携帯いじってるか・・・・・・。
だから「一人で」「特に何もせず」「表情豊かな」ヒトは大変目立つ。

今回の有川浩
そんな「ヘンな乗客」たちを阪急電車という空間の中で、
見事に交差させてくれました。


実を言うと、
本の内容自体にはそれほど感動しなかったし、
「図書館戦争(の特に初期のほう)」程の驚きはなかったんですが、
自分の中に共感するモノがある気がして・・・・・・

というのも、ボク自身がある意味「ヘンな乗客」の一人な訳で・・・。
車内でカレーパン写真に撮ったりするのも「ヘン」だろうし、一般的には。

でもこないだついに友達から
「お前、車内でタテ乗りはやったらあかん。
やったらあかんことの第一位や」って言われちゃいまして・・・。

そりゃぁボクだって人目を憚るっちゅうコトも
多少はわきまえてる積もりッスけど、
やっぱりテンション高い日とかは
ミドリとかDJ KYOKOとかでノリノリにもなりたくなるってモンです。

・・・で、そういうときって
他のお客さんのコトなんてどーでもよくなるタイプなモンですから
タテ乗りしちゃったりするんスね


もし電車で、あるいは街角で
ノリにノってる「ヘンな人」がいたら笑わないであげて下さい。

その人はきっと、「イイこと」があったに違いありませんから。

拍手[0回]

Copyright © Title...。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]