忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コメント
[01/11 ☆]
[06/07 管理人]
[06/07 管理人]
[06/07 もづる]
[05/29 ★]
ケータイはこちら
タイトル検索
カウンター
アクセス解析
管理人の読んだり見たり聴いたりしたものたちのオボエガキ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は前記事のなべ祭りから帰った後、
昨日、(DVD持ってるのに)録画してた「もののけ姫」を見てました・・・。
mononoke.jpg











今となっては(ボク的に)「全然」なジブリ、強いては宮崎駿氏の作品も
昔のは本当に凄かったと思うんです。

みんなに愛される上に、
いろいろな所で宮崎氏のマニアックなこだわりが合わさってる・・・
そんな良い意味での「万人受け」する作品たちの中で、
やっぱり「もののけ姫」は異色の作品だな、と・・・。

もともと宮崎氏は、
生き物を生き物として表現するために
血が通っているなら、血を流し、
肉体があるなら、時には腐敗する、
そういう表現をよくする方なのですが、
やっぱり子供向けのアニメにおいて
あまりに生々しい表現は難しいのか、
ナウシカとかでも漫画より映画は「抑えて」あったりして。

それに対して「もののけ姫」は
血ィ出るわ武者の首飛ぶわで、かなり自由に作ってあると思うんです。

でも、だからこそあんなに登場人物たちが
イキイキとして見えるのでしょうか?


ジブリで初めて「ポニョ」がブルーレイになりましたけど、
今度は「もののけ姫」の
緻密な背景と「生きた」人物たちをブルーレイで見てみたいモノです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © Title...。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]