忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コメント
[01/11 ☆]
[06/07 管理人]
[06/07 管理人]
[06/07 もづる]
[05/29 ★]
ケータイはこちら
タイトル検索
カウンター
アクセス解析
管理人の読んだり見たり聴いたりしたものたちのオボエガキ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本来なら金曜ロードショーの前にやるつもりだったのですが、
地元富山出身の細田守監督作品「サマーウォーズ」について
今回はやってみようと思いマス
20100806_4L.jpg














 

 



さて最近、ドンドン注目を集め、
「ポスト宮崎駿」なんて言われたりもする細田氏。
フリーになっての第一弾「時をかける少女」がヒットして
今作「サマーウォーズ」も何やら賞を取ったそうで・・・
やはり勝因(?)としては、
いわゆる「影無し作画」といわれるフラットな絵柄と
時折現れるコミカルな表現が
いい意味で「万人受け」したからでは・・・と。

氏のやりたい事はわかるし、
そういうものづくりへの取り組み方はすごいと思う。
でも!やっぱりボクにはしっくりこないんだよな・・・。


連載の第1回目を書いた頃、
「サマーウォーズ」を初めて見る機会があったんですね。
で、その時まっさきに感じたのは
「なんだ、『ボクらのウォーゲーム』を長くしただけじゃないか」
ってコトだったんです。

まず「ヒトではない電脳上の怪物」が突如現れ、
「ネットのあらゆるものを飲み込み」
「遊びの延長線上で世界を滅ぼそうとする」。
しかも「危機を脱するには何億ものなかからたったひとつを探すしかない」
と来たモンだ。
もう、まぁったく一緒じゃぁないか!

でもね、この筋書き自体はイイと思うんス。
ただ、「ボクらの~」は割と気に入ったんだけど、
「サマー~」はどうにも、すんなりとは好きになれない・・・。
それはどうしてか?

やっぱり「大家族」という根本的なテーマが
ボクには邪魔になってるような気がするんですよネ
せっかくのシナリオが、
たくさんの登場人物のためにゴチャゴチャして見えちゃうんデス
やっぱり「なぜ大家族をテーマとした作品が少ないか」と考えると
わかるように、早い話が、難しいんですかね?
それぞれのキャラクターに個性と印象を持たせ、
なおかつ話の流れが目立たなくならぬようバランスを取る、
それが出来ればよかったんですけどねぇ~
(ボクにはもっと無理ですが・・・)


また、あえて挙げるなら
あの「実写を用いた背景」というのがボクにはよくわかりません・・・。

よくわかりませんが、
多分あぁゆうのって実写画像をPCで加工して使ってるんですよね?
それに対して、例の「影無し作画」が浮いてるように感じるのデス
せっかく簡略化してわかりやすくしたキャラクターが
背景との相乗効果で、もはや「非現実的」にまでなってしまい、
ストーリーに入りにくくしているというか・・・。

やはりキャラクターには「記号+α」が必要ということなのでしょうか?
まぁ、いかにキャラクターに「血を通わす」というのが
難しいかってコトなのでしょう。


とか何とか言ってますが、
結局のところは「サマー~」は大ヒットだったわけだし、
こんな風に違和感感じるヒトもほとんどいないのだろうけれども、
ひとまず今回は「斜に構える」というスタンスの元、
思ったとおりに書いてみました。
だからといってブログが炎上したりなんてまずないだろうし、
まともに読んでくれるヒトもまずいないだろうけど、
もし読んでくれるヒトがいたならば、それだけでもありがたいデス

と、言う訳で
3回に渡ってわかったような風に書いてみましたが、
これで終わりにしようと思います。
(今日からは、ちゃんと勉強しよ・・・)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © Title...。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]