忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コメント
[01/11 ☆]
[06/07 管理人]
[06/07 管理人]
[06/07 もづる]
[05/29 ★]
ケータイはこちら
タイトル検索
カウンター
アクセス解析
管理人の読んだり見たり聴いたりしたものたちのオボエガキ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えー、こないだの記事「Ghost in the Shell 攻殻機動隊」
観ねばって話をしましたが、今日はその話デス。


原作のハードSF漫画家、士郎正宗は他にも「アップルシード」
「エクスマキナ」(細野さんが音楽をやったとか)も描いた方らしいです。
上の2つも映画すら観たことないですが、
作風としてはサイバーパンクで、人体の機械化とかをよくやるっぽいデス

さて、肝心のアニメ版「攻殻機動隊」はというと、
この1995年公開の映画が第1弾なのですが、
2000年代に入って続編やらリメイクやらOVAやらが出てて、
名前だけなら聞いたこともあったんです。
が、監督が押井守なもんですから、ちょっと抵抗があったり・・・。
(哲学的な長台詞が多いのがネックなんスよねぇ~)

でも観てみたらボチボチよかったかも。
まぁ原作がイイからこそなんだろうけど、15年以上も前に
あれだけのハイテク社会の世界観を構築したってのがすごい!
確かにまだまだCGも未熟だけど、
逆にそれがネット社会の雰囲気をリアルにしてるし、使い方もうまい。
「ゴースト」とか「義体化」とかちょっと説明不足な気もするけど、
少々SFに興味があって、
「機械化した人間が人間たる証拠は何か?」という方向性さえ踏まえれば、
それなりに楽しめるはず。

まぁ後は押井守作品独特の「早すぎるアクション」と「長すぎる間」さえ
気にしなければ、てのもあるかな~
冒頭の「光学迷彩・・・」のあたりとか多脚戦車との戦いとかは
かなり面白いんだけどね。
(ハッチ開けようとするシーンはちょっとトラウマになるけど・・・)


とまぁそんな感じで、取り留めもなく書いてみましたが、
続編「イノセンス」、リメイク版「~2.0」を観るかどうかは保留かなぁ~
(なにせ金ないしね・・・)
でも世界観というか原作を描いた士郎正宗には興味出てきたかも。
今度「エクスマキナ」あたりでも観てみようかしら・・・?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © Title...。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]