忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コメント
[01/11 ☆]
[06/07 管理人]
[06/07 管理人]
[06/07 もづる]
[05/29 ★]
ケータイはこちら
タイトル検索
カウンター
アクセス解析
管理人の読んだり見たり聴いたりしたものたちのオボエガキ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前から何となく気になりつつも
「表現過激そうだなぁ」と踏ん切りがつかなかった
「レオン」をついに借りてきました。


ナタリー=ポートマン演じる少女('94年の映画だからまだ12かそこら)は
父と継母、腹違いの姉から暴力を受ける日々を送っていた。
しかしある日、買い物から帰ってくるとアパートの自宅は
謎の男達に襲われ、家族は皆殺しになった所だった。
とっさに隣部屋の男のもとへ逃げ込むが、
ジャン=レノ演じるその男は街一番の殺し屋。
唯一愛していた弟を殺された復讐のため、
少女は男に殺しの教えを求める。
始めは渋っていた男も、
読み書きを教えてもらう代わりに殺しを教えはじめ・・・・・・

まぁ、あらすじはこんな感じですが、
いざ見てみたら何のこたぁない、リュック=ベッソンじゃないの、監督。
そりゃあ人は死ぬけど、スプラッタでも何でもないし、
面白くて、ハラハラして、最後ちょっぴり悲しくて・・・・・・
「TAXi」みたいな爽快なだけじゃなくて、観てよかったなって思いマス


にしても、ナタリー=ポートマン・・・。
12の頃からあんだけかわいけりゃあ、女優になるしかないわな。
でまたボブカットが似合うんだ、コレが!
こないだやってた「インディジョーンズ クリスタルスカルの王国」の
スパルコ大佐もよかったけど、コッチもよかった・・・って、
話が変な方向に行ってしまった・・・。


一番言いたいのは、「久しぶりにイイ涙モノ観たな」ってコト
ぜひ、一度は観ても損はないはずっ!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © Title...。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]